レスリング 全日本選手権 2日目

12月22日(火)レスリング 全日本選手権 2日目 代々木第二体育館
画像


ホームページの進行表より早い進行でした。困ります。
関係者以外はほとんどいません。

決勝
男子グレコローマン71キロ級 永田対倉野
画像

永田はシドニー五輪で銀メダルの選手です。プロレスや総合格闘技などをやってカムバックしました。
永田が8対0で勝ちました。38歳、13年ぶりだそうです。

男子グレコローマン85キロ級 岡対角
岡が4対2で辛勝です。グレコローマンはなかなか点が入りません。この試合も足を触った反則2点が効きました。

男子フリースタイル70キロ級 多湖島が相手危険で優勝です。

男子フリースタイル97キロ級 山口対山本
山口が6対0で完勝です。

男子フリースタイル125キロ級 山本対田中
山本が10対3で圧勝です。最重量なのにスピーディーでした。19歳チャンピョンです。

男子グレコローマン75キロ級 鶴巻対屋比久
チャレンジで判定が覆るなど微妙な判定でしたが、屋比久が3対0で勝ちました。大健闘です。

男子グレコローマン98キロ級 米平対斎川
斎川がグランドポジションの下からスルッと入れ替わってフォール勝ちです。

女子69キロ級 土性対歌田
画像

世界チャンピョン土性の貫禄勝ちです。11対0でテクニカルフォール勝ちでした。

女子58キロ級 伊調対増田
画像

伊調を避け5人しか出場していません。1分13秒でフォール勝ちでした。13回目の優勝だそうです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック