体操 全日本個人総合選手権 決勝

4月26日(日)体操 全日本個人総合選手権 決勝 代々木第一体育館

入場待ちは長蛇の列で、30分位かかりました。入り口が一カ所でチケットのもぎりをしているので時間が
かかります。しかも1時間前に開場なので人が殺到します。中に入ってみると超満員というわけでもありません。それでも4000人位にはなったでしょうか。
画像


今日は決勝です。男女同時進行なので、10種目が行われています。注目演技を見落とさないようにするのは至難の技です。

第一ローテーション
早坂ゆか15.45 山室つり輪15.6 田中加藤ゆか15.4

第二ローテーション
萱あん馬15.45

第三ローテーション
白井跳馬15.85 野々村つり輪15.3 亀山あん馬15.65 神本平行棒16.05

第四ローテーション
植松鉄棒15.75 田中平行棒15.8

女子は寺田が優勝、2位は0.05差で内山、新鋭です。去年はわずかの差で世界選手権代表を逃しています。宮沢のゆかと跳馬は凄いです。とくに跳馬は15.5です。完全に村上から代替わりです。

第五ローテーション
野々村平行棒15.6 田中平行棒15.8

第六ローテーション
白井ゆか16.15 岡村つり輪15.3 田中鉄棒16.05 内山鉄棒15.3

内村は若干技を落としたようで、昨日の差のままでした。日本もスペシャリストがどんどん出ています。世界選手権代表は団体を考えるとスペシャリストは白井とつり輪、あん馬が一番必要とされますね。

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック